パンのみみ

バンド紹介

VO&Gt むとうみか のソロプロジェクト。

名古屋が本拠地ですが、東京でもよくライブをやっています。

 

元々は

Gt   しみず

Dr   ごっちゃん(ZOO THE ANNUAL PASSPORT)

の3人からなるポップバンド。

音楽性の違いなどでメンバーの脱退もありむとうみか(むとうちゃん)のソロになったようです。

ソロですから弾き語りイベントにも出演しています。

 

パンの日

4月12日はパンの日だそうです。

Twitterのトレンドワードに「4月12日はパンの日」と書いてあったので、パンのみみを紹介しなきゃ!と思ったんです。

 

ちなみに何故4月12日がパンの日かというと、

アヘン戦争時に徳川幕府が兵糧としてパンを作らせたそうです。

米は炊くときに湯気が出るので敵に気づかれてしまうことから、保存性・携帯性に優れたパンを作らせたそうです。

このときパン作りの指揮を執り「パンの祖」と知られるようになったのが江川太郎左衛門です。

その後1854年に鎖国が解かれると横浜・神戸などの港まちを中心にパン作りが広がり、4月12日が日本のパン発祥の日であることから「パンの記念日」となりました。

パン食普及協議会が1982年に毎月12日を「パンの日」として定めました。

 

パンのみみ「きゅうじつ」

 

最初にパンのみみの曲を聴いたのが「きゅうじつ」

いや~、出だしの「朝は起きれないし、夜は眠れない日が続く」ってワンフレーズを聴いただけでやられました。

この気だるげな声と歌詞なんだけど、妙に納得してしまう感じは独特の感性ですね。

またアコギがいい音なんだよね~

 

きゅうじつを聴くと「ダメでもいいか、仕方ないよね~」とダラダラしてしまう休日を肯定してもらえるようで元気がでます!

 

パンのみみ「雨の日」

 

「雨の日」はまず入りのドラムが好き!

シンプルな演奏にしっかりとヴォーカルが聞こえてきてバランスが良くいい意味でポップスの王道な感じ。

独特な歌い方と演奏の混ざり方が絶妙で引き込まれて、つい最後まで聴いてしまう。

バンドをやっているとこのシンプル感を出すのが難しいんですよね~w

 

パンのみみ「wo i ni」

 

「wo i ni」は、これまたお洒落なギターと楽曲にむとうちゃんの歌が乗って素晴らしい曲に仕上がっている。

特に歌い方が好きな曲で演奏もしっかりと世界観を表現できていて嫉妬すら覚える。

 

この曲を最後にGtのしみずさんは脱退しているが、個人的には非常にもったいないと感じていてこの路線のパンのみみをもっと聴いてきたかった。

 

 

パンのみみ「506」

 

2020年3月の楽曲である「506」。

やはりソロになったこともあり打ち込み色が強くなっている。

いい意味でポップスとしてのアレンジ力や完成度は上がっているのかもしれないが、バンドが好きな僕としては少し残念に感じています。

ライブではまた違った感じに聴こえるのかな?と期待しつつ、ライブに行ってみたいと思います。

 

なかなかこのジャンルのアーティストを好きになることはないので、これからもむとうちゃんワールドを広げてもらいたいなと応援していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました