自分で選んだ道を成功の道にする

メンタル、考え方

こんにちは、ショコラです。

今回はバンドをやっていると誰もが直面する迷いを自分の経験とともに記していきたいと思います。

 

バンドを組むときには活動の目的や目標、それぞれの思いや考え方があり始めると思います。

メジャーデビューがしたい!

バンドで売れたい!!

と思っている方は特に感じると思いますが、音楽性の違いやメンバーとの関係性などに悩むことが多いと思います。

 

結果として加入や脱退、新規立ち上げ、解散を繰り返すことになったこともあるのではないでしょうか?

 

例えば今から考えれば少しの音楽性の違いや、メンバーとのすれ違いでバンドを脱退してしまったときに、自分が脱退したバンドに後釜が入り、以前よりも上手くいっている。

Youtubeの再生回数が伸びたり、ライブでの動員が増えているなど悔しい思いをした方もいると思います。

 

そんなときに思うのが、

自分の判断は正しかったのか

と悩むこともありますね。

 

実際に自分もそのような経験をしています。

もちろん他のバンドをやっていたので、

もっと良い曲を作ってやろう!

あのバンドより成功してやるぞ!

などと思っていました。

でも、そのときの自分には心底「前のバンドを辞めて良かったんだ。今、自分はやりたいことがやれていて充実している。」

とは思えておらず、多少の後悔や焦りがありました。

 

この『後悔』『焦り』がもたらすものはネガティブな感情であり、空回りする原因となることが多いと思います。

特にバンドというのは一人でやっていることではないので、イライラが伝わってしまったり、ヒステリックになってしまうと何もうまくいきません。

 

ここで必要なのは『これは自分で選んだ道なんだ。自分の力で成功させるんだ。』という意思です。

他人は関係なく、自分が自分の思う成功のイメージを持ち、自分で決めたことをやりぬく、という覚悟なんです。

 

時にはいくら練習しても上手くなっていないように感じて、焦ってしまうこともあります。

ライブをやっても動員が伸びず、お金がなくて辛いときもあります。

 

そんなときでも一緒に活動しているメンバーを大切にし、信じ、そのときできる精一杯のことをやる。

そしてやるべきことを真剣に考え、自分のやっていることを信じてやりぬくことで道が見えてきます。

 

このことはバンドをやっていた当時の自分に教えたいな~と今思うことです。

 

自分が動いて掴み取ったことこそが自信に繋がり、次への原動力となります。

悩んだときは、なぜ自分で選んだ道なのか。

その道を成功の道にするにはどうすればいいのかを一生懸命考えてノートに書いてみてください。

 

そこから自分の思い、やりたいことが見えてくると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました